アル中プログラマの備忘録

酔いどれまさになう

新しく分割しました

スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

30歳になったので20代のふりかえり

このエントリーをはてなブックマークに追加
ふりかえり 
とうとう30歳になってしまった。
 学生の時は30歳って良くも悪くもオッサンだと思っていたけど、
 体力(持久力)が落ちて体重が3kgほど増えただけで
 相変わらず落ち着きはないし、なんだかなぁ。

三十にして立つ、四十にして惑わず、 五十にして天命を知る、
六十にして耳順がう、 七十にして心の欲する所に従って、矩を踰えず。

というが全くもって自立・独立できてる気はせず、
いろんな人に頼って生きてる。
このままでは40歳になっても惑いっぱなしに違いない。

さて、先の事は分からないが、いい機会なので20代をふりかえってみる。

〜22歳 大学時代
部活、寮とよく飲んだ。大学もほぼ部活しに行ってただけ。
あんだけ呑んだくれててよく卒業できた。
単位はギリギリ、成績も良くはなかった。
流石に研究室には顔を出して卒論は頑張った。

卒論はガベージコレクション(GC)について、
世代別GCの各世代に違うGCを利用して効率が上がらないかを試していた。
殆どは実際にGC部分のコーディングがほとんど。
c言語で組まれたLISPの処理系をずっと触っていた。

部活の個人成績もよろしくないけど、
各大学の寄せ集め組織に所属して大会運営とかやってたのは
ちょっとした自慢。
でも、当時は完璧にこなしたと思っていたけど、
今ではもっとやり方があったのにと反省してる。

寮のメンバーにはさんざん迷惑をかけたけど、
いまでも付き合いがある。みんないい人。

22歳 大学卒業、1社目に入社
大学の4年間は部活中心の生活だったので、
本当は大学院に行って学生らしい退廃的な生活に憧れてたが、
勉強不足がたたり、不合格。(まぁ、当然)

ということで、先輩に紹介されて受けていた会社にそのまま就職。
ちょうどリーマン・ショックのタイミングだった。

何枚もエントリーシートを書いて、試験も三次試験とかまである
と聞いていた中、筆記、面接(ほぼ雑談)だけ。
受けたのもこの会社だけだったのでほぼ就活生らしいことはしなかった。

引越して関西から関東に出てきたのもこのタイミング。
家探しには嫁も一緒に来てたが、この時は結婚するとは思ってなかったな。
(妻を嫁と言うのは関西で関東では言わんらしいね、そうなん?)

この時、決めた部屋は嫁が夢で見たのと同じだからという理由。
他の候補は一蹴されてしまった。俺が住む家なのに。

22歳〜27歳
1社目では受託開発をメインにやっていたので、いろいろなものを作った。
書けないのが残念だけど、結構大きい物の一部に関わってたりもする。

先輩後輩に比べて同期が多い代だった。
だいたいどこのチームにもいるので、色んな話が聞けた。

c言語は最初の研修程度でしか使わず、いたところはC#とJavaを使っていた。
最初はオブジェクト指向の理解に苦労したのを覚えている。
あれ絶対へたにc言語とか知らない人のほうが理解が早いと思う。
今は関数型が難しいなと思ってる。

最初に扱った言語がしっかり型を意識するので、
そうでない言語は苦手だったりする。
Javascriptも読み書きはできるが嫌いだし、
Rubyみたいに省略しまくれるのも苦手。

ブラック企業ではなかった(と思う)けど、
SEあるあるの納期厳守のまま仕様追加、徹夜、
なんのためかわからない資料の山、などなど・・・
いろいろ経験した。今のやれと言われるときつい。

剣道の方はほそぼそと週1、2回で続けていて、
週末は筋肉痛になりながらご褒美のビールを飲んでた。
(これは今も)

28歳の誕生日ちょっと前に現職に転職
27歳の年末辺りに転職を考え始め、とりあえず転職サイトに登録。
自分の知っている製品か、サービスの会社かつ生活があるので
年収がさほど変わらないことを条件に2社にまで絞った。

なんとなくコンサルだけは性に合わず、ハナから除外していた。
すぐ顔にでるから向いてないと思うしね。

市場価値を知る意味でもと勧められて、
2社受けたところどちらも通ってしまった。
現職の方は面接受けたその日にOKと早かったのに驚いた。

面接での会話内容や、反応の速さで転職を決意、
手続きをすすめることにした。
関西にいた嫁を呼んだのもこのころだったかな。

転職に合わせて同棲を始めて狭かったので引越したが、
どうも東京都内3DKで10万程度ということで怪しく、
勝手にテレビがつくなど怪現象が起きていた。

新しい職場ではわからないことだらけだったけど
(今もわからないこと多いが)いろいろやらせてもらってる。
「どうやって?」より「何のために?」を考えることが増えた。

29歳結婚、マンション購入
お化け屋敷で1年ほど同棲していた嫁と入籍。
流石にお化け屋敷に住み続ける&家賃払い続けるのもなんだかなと
マンションを購入。(このへん参照)
この先35年の借金地獄だぜ!

30歳
とうとうオッサンに。
今年から健康診断ではバリウムとやらを飲まされるらしいし、
アラサーから三十路にジョブチェンジだし、
だんだん連休に増えた体重が戻らなくなってきてるし、
朝の剣道の練習の疲れが夕方まで抜けないしと大変だ。

まぁ、悔いのない30代になるよう頑張ろう。

以上。


   
関連記事
  1. 2016/05/19(木) 14:27:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「有頂天家族」を読んだ | ホーム | 京都観光>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://papappi.blog.fc2.com/tb.php/175-e814bf3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

おすすめ

プロフィール

アル中プログラマ

Author:アル中プログラマ
ハイボ○ル?
いいえ
ジンジャーエールです。

検索

Translate

カテゴリ

未分類 (28)
セミナー・勉強会 (34)
読書 (12)
プログラム (8)
環境構築 (16)
C++ (3)
Java (7)
C# (1)
Tips (1)
食べ物 (14)
TED (3)
マイホーム (0)
プロマネ (1)

RSSリンクの表示

おすすめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。