アル中プログラマの備忘録

酔いどれまさになう

新しく分割しました

スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

IBM MobileFirst Festa 2015に行ってきた #IBMでモバイル再発見

このエントリーをはてなブックマークに追加
IBM MobileFirst Festa 2015に行ってきた

聞いたセッション
IMG_2570.jpg


以下概要と簡単な感想
基調講演/特別講演
・Bluemixすごい。APIいっぱいあって、サービス込みでアプリを3週間ぐらいで作れてしまう
・これからはコンピュータが考える仕事も担っていく(Watosnとか)
・センサー(IoT、ウェアラブル)とモバイルの組み合わせも加速する
IBM Moble first platform(http://www-03.ibm.com/software/products/ja/mobilefirstplatform)使うといいよ
・基幹システムにアクセスできるだけではなく、その先があるよ

今後、企業が直面するモバイルの課題とその解決策とは(by IBM
・成功しているプロジェクトは1/3しかないよ
・成功しているプロジェクトは言語、OS、同時開発、規模ではなくチーム構成とアプローチがいいよ
・CAR2GO(ブルックリンのカーシェア、乗り捨て)は良い成功例
・最強のチームとAPIの活用などが大切
・いいフレームワーク使えればセキュリティなどもやってくれる
モバイルは仕様変更が日常茶飯事、要件が固まらないからアジャイルなのが大事

新しいテクノロジーとデバイスが変えるモバイルの未来(by jena)
・クラウドサービスseapブラウザでアプリを簡単に作れる(http://www.seap.ne.jp/)のとかあるよ
モバイルとウェアラブル、IoT、コグニティブ・コンピューティングの組み合わせが増えるよ
・UI/UXは2次元(文字、画像、配置)から3次元(音声、時間、空間)になる

エンタープライズモバイルアプリの開発と活用を成功させる3つのポイント(by jmas)
・メール、スケージュルなどから業務システムになってきている
・セキュリティ懸念よりもビジネス競争力のほうが重視されてきている(ツールから武器へ)
・扱うデータも公開データから社内資料へ
・ポイントは必要最低限からのスタート、継続的かつ短サイクルでのリリース、標準的なミドルウェアの利用

モバイル・アプリがもたらすビシネス改革(by IBM
・成功するには、最強のチーム、柔軟性の高い開発基盤、コラボレーション、次の一手を見出すユーザ分析が必要
・海外事例もあるよ

感想
・年齢層は思ったより高めだった(ほぼスーツ、ノートPC持ち込みも少なかった)
・ゴルフやらないんでスイングシステムはよくわからなかった
・小さいセンサー一つでよく解析できるな~とは思った
・プラットフォームを解約した場合はすでに開発したものの保守はどうするのだろうか?
・フィードバック機能は解析とかしてくれて便利そうだが、多分ユーザは評価をしてくれない
・Beaconの使い道って難しいなぁ
・まだまだ日本語の資料は少ない印象

その他
軽食が出た
IMG_2563.jpg

なんか後ろ姿がバッチり取られてしまった。


全部終わって、一日話を聞いて疲れたので嫁と焼き鳥食べた
IMG_2566.jpg



   
スポンサーサイト

テーマ:コンピュータ関連 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2015/11/11(水) 23:34:35|
  2. セミナー・勉強会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

開発者ギルドカンファレンス2015に行ってきた #guildconf

このエントリーをはてなブックマークに追加
開発者ギルドカンファレンス2015に行ってきた。
資料はギルドワークスのブログでもう公開されているみたい。


この前買ったChromebook持ち込んだけど、周りは予想通りmacがいっぱいあった。
以下メモ。

開発者ギルドカンファレンス2015
byギルドワークス
@国際新赤坂ビル 東館 14F TKP赤坂駅カンファレンスセンター 14F


リモートワークという働き方 powered by ドメイン駆動設計
感想
ドメイン駆動設計はやってみたい(本は読んだことあるが難しい)
 ・業務で使う言葉
 ・UI、DBと業務の本質を切り離す
[内容]ギルドワークスの成り立ち
 ・技術者の働き方の選択肢を増やしたい
 ・出会い、勉強会、ワークショップ、コミュニティ
  →企画書→紆余曲折の準備期間→開業(2014/04/01)
[内容]事例を踏まえて
・正しい物を正しくつくる
 ・ドメイン駆動設計
 ・リファクタリング
 ・XP
・適時適チームの結成
 ・日本各地で
リモートワークの道具
 ・Skype
 ・Basecamp
 ・Slack
 ・github
・効果があったこと
 ・トライアルの小さなプロジェクトを実施
 ・何を作るかをドメインモデルを使って意識合わせ


老舗大企業からスタートアップへの挑戦
感想
・どちらかというと僕は小さいところから大きいところに転職したな
・コード書く以外の仕事が増えたけど、それはそれでやり甲斐がある
など違う点はいろいろあるが、面白かった。自分の転職話でも人のためになることはあるのかなぁとか。
[内容]転職
・背景
 ・フロント寄り(Windows)
 ・ウォーターフォール+アジャイルっぽいもの
 ・社外活動(アジャイル、.NET)
 ・スピード感が・・・
・きっかけ
 ・クラウドの導入をめぐって、遅々として進まない
 ・同世代のステップアップ
・決断
 ・最初に声をかけてもらった(縁)
 ・不安はあった
 ・会社がOKでもやりたい仕事ができるか?→NO
 ・ピーターの法則
・現在
 ・スピードが早い
 ・自分が動けば会社が動く、会社で起きていることがすべて分かる
 ・大変なところが愉しい
 ・試したいことが試せる
 ・変わらないこともある(経験が生きることも)


開発パートナーから見たギルドワークスと組んだメリット
感想
・フリーランス楽しそうだけど、大変そう
・僕は家では仕事できないな
[内容]ライフスタイル
・インフラ→Rails受託→独立→ギルドワークスとの出会い
・仕事にモテる
 ・仕事を決めることができる(何を?誰と?何で?)
  →ギルドワークスなら全国から、新しい技術、ツール
・時間が持てる
 ・通勤時間なし
 ・打ち合わせの時間が少ない
 ・自由に休憩できる
 ・場所は問わない


『企業とカイワする』というエンジニアの選択肢 〜自社サービス「カイワジョブ」立ち上げ舞台裏〜
感想
リモートワークでもちゃんとモノは出来上がるんだ
・確かに転職サイトは知りたいこと書いてなかったなぁ
・近くても遠くてもコミュニケーション大切
[内容]
・ギルドワークスに入る経緯
 ・子供の行事が多く地元に帰る
 ・地元ではUXリサーチを必要とする企業がなく
 ・正しい物を正しく作る
リモートワークをやってみて
 ・時間ができた
 ・家で仕事するの難しい、セルフマネジメント大切
 ・周りにすごい聞かれる
・カイワジョブとは
 ・エンジニアの知りたいことは転職サイトに載っていない
 ・知りたいことを引き出す(質問と回答)
・カイワジョブの開発体制
 ・全国でリモートワーク
 ・日次で昼会(Skype)
 ・週次で開発定例(Skype、pivotal tracker)
 ・週次ででも確認(Skype、DeployGate)
 ・出来る限りSkypeを常時接続
リモートワークの課題
 ・コミュニケーションのツールはある
  →今コミュニケーションを取るべきかに自覚的になる必要がある


現場コーチから見えてきた越境する現場の3つの特徴
感想
・剣道では守は難しい
・つい感情的になるけど、相手のことも考えねば
 →ただし相手もこっちのことを考えてくれるとは限らないのが難しい
[内容]越境
・現場コーチ
 ・ファシリテーション、コーチング、サーヴァント・リーダー
 ・現場と一緒に行動、ただし制約に縛られない
 ・現場コーチがいなくなったあとも、改善を続けられるように
 ・守破離
 ・TeachingとCoaching(レベルに応じて)
 ・手段にこだわらない、でもチームが良くなるだけでいいのではなく、事業レベルでもうまく行かないと
 ・自律的に動けるように
・越境できる組織の特徴
 ・現場が自分事で考えている
  ・WHYから始めよ
   →他人発信でも自分なりに噛み砕くことが大切
   →自分がお金を出すとしても同じやり方をするか?
  ・インセプションデッキ
   →みんなで作る、見直す
  ・ドラッカー風エクササイズ
   →4つの質問
    (自分の得意、どうやってチームに貢献、大切に思う価値、メンバーは自分に何を期待しているか)
  ・失敗を恐れていない
   ・軽くやってみる(一週間だけとか)
   ・説明責任と改善(していこうとする)責任
   ・ふりかえり
  ・組織全体で取り組む
   ・障害やボトルネックは移動する
    →ただし無関係ということはない
   ・見える化と見せる化、かんばん


人の思いをコードの一行一行に仕立てていく。
感想
・正しい物とは
・正しく作るとは
 それぞれ方法が違うのか〜
[内容]越境から越共へ
・正しい物を正しく作る
・デベロッパーの働く選択肢を増やす、自分戦略支援
・仮説検証フェーズ:正しい物を探す
・最短距離フェーズ:正しく作る
 ・リーン製品開発
  ・トヨタの開発手法がベース
 ・顧客開発
 ・コミュニケーション、シンプル、フィードバック、勇気、尊厳
  →XP
 ・越境
  ・相手の視点に立って(立つために)暗黙的な自分の領域を踏み越えていくこと



   

テーマ:行ってきました☆ - ジャンル:ブログ

  1. 2015/07/26(日) 22:45:47|
  2. セミナー・勉強会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[LPICレベル2]04.そして結果は惨敗

このエントリーをはてなブックマークに追加

徹底攻略LPI問題集Level2[Ver 4.0]対応 (ITプロ/ITエンジニアのための徹底攻略)

前回までで一巡終わったので、二巡目といて、結果的に8~9割ぐらいは覚えてた。
というわけで、試験へ。


結果は・・・・


不合格


しゅん。。
目的は資格ではなかったとはいえ、受験料だけで3万円するので痛いなぁ。

半年と決めてやったので(前半サボってたけど)再受験する予定は今のところナシ。



関連日記一覧



   

テーマ:Linux - ジャンル:コンピュータ

  1. 2015/05/01(金) 20:02:34|
  2. セミナー・勉強会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[LPICレベル2]03.ようやく一通り解けた

このエントリーをはてなブックマークに追加

徹底攻略LPI問題集Level2[Ver 4.0]対応 (ITプロ/ITエンジニアのための徹底攻略)

前回から更に間違ったやつだけを残して解いていって、ようやく一通り終わった。
4回目(正解/残り)5回目6回目7回目8回目
第1章 キャパシティプランニング6/92/30/11/1
第2章 Linuxカーネル8/122/41/21/1
第3章 システムの起動5/102/51/32/2
第4章 ファイルシステムとデバイス5/122/71/53/41/1
第5章 高度なストレージ管理6/100/42/42/2
第6章 ネットワーク構成1/40/31/31/21/1
第7章システムの保守2/41/21/1
第8章 ドメインネームサーバ6/130/75/72/2
第9章 Webサービス7/101/30/20/11/1
第10章 ファイル共有4/81/42/31/1
第11章 ネットワーククライアントの管理5/184/135/94/4
第12章 電子メールサービス2/61/40/32/31/1
第13章 システムのセキュリティ6/132/74/51/1
第14章 201試験 総仕上げ問題11/183/72/42/2
第15章 202試験 総仕上げ問題13/261/138/123/41/1


ここまで繰り返すと、どうしても問題を理解して答えるより、
問題に対する答えの番号を覚えちゃってる感があって微妙。。。

とりあえず、次はもう一度最初からやり直す。





関連日記一覧



   

テーマ:Linux - ジャンル:コンピュータ

  1. 2015/04/13(月) 21:38:56|
  2. セミナー・勉強会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[LPICレベル2]02.とりあえず三周目までやったけど・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加

徹底攻略LPI問題集Level2[Ver 4.0]対応 (ITプロ/ITエンジニアのための徹底攻略)


間違えたもののみに絞りながら、三回目終了時点でこんな感じ、全然わからない・・・
正解数/問題数正答率(%)
第1章 キャパシティプランニング4/1330
第2章 Linuxカーネル11/2347
第3章 システムの起動13/2356
第4章 ファイルシステムとデバイス11/2347
第5章 高度なストレージ管理4/1428
第6章 ネットワーク構成14/1877
第7章システムの保守6/1060
第8章 ドメインネームサーバ6/1931
第9章 Webサービス17/2762
第10章 ファイル共有17/2568
第11章 ネットワーククライアントの管理10/2835
第12章 電子メールサービス10/1662
第13章 システムのセキュリティ15/2853
第14章 201試験 総仕上げ問題42/6070
第15章 202試験 総仕上げ問題34/6056




関連日記一覧



   
  1. 2015/03/06(金) 12:00:00|
  2. セミナー・勉強会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

おすすめ

プロフィール

アル中プログラマ

Author:アル中プログラマ
ハイボ○ル?
いいえ
ジンジャーエールです。

検索

Translate

カテゴリ

未分類 (27)
セミナー・勉強会 (34)
読書 (11)
プログラム (8)
環境構築 (16)
C++ (3)
Java (7)
C# (1)
Tips (1)
食べ物 (14)
TED (3)
マイホーム (0)
プロマネ (1)

RSSリンクの表示

おすすめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。